日々の仕事や京都での暮らし。考えた事、感じた事、伝えたい事を綴っていきます。
by kakuo075
HP and Staff's Blog
ホームページでは竣工した作品や事例を紹介しています。ぜひご覧ください。
建築家/京都 ”カクオ・アーキテクト・オフィス”
スタッフ達のブログです。
建築設計の現場から...。スタッフたちの日々。
以前の記事
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
more...
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

T社社屋兼住宅の竣工後、2年目の定期検査へ行って参りました。

昨日は施工会社と共に竣工後、2年検査に行って参りました。まずは外観の素材の傷みやひび割れのチェック、不具合は無いかの確認。
e0015035_1634328.jpg


内部建具の反りや、クロスのはがれなど調整の必要な所を記録。お客様も建物を気に入って頂き、大切に使って頂いている様子が伺えます。設計士としてはとても嬉しいです。
e0015035_16393376.jpg


お客様の愛犬「もみじちゃん」ベッドで寛ぎ中〜〜。
e0015035_1642665.jpg


玄関の収納カウンターに飾ってあったお洒落な「墨とカワイイお花」。上に苔が生えています。
e0015035_1645481.jpg


お兄ちゃんの部屋の落書きと、娘さんのカワイイお部屋。子供室が3つ並んでいて、それぞれの机、正面の壁に大きなホワイトボードがあります。それぞれに楽しいコミュニケーションボードになっていて、とても良い感じだったので思わず写真撮ってしまいました(笑)。
e0015035_16502351.jpg


竣工後、2年目の定期検査。後日工務店さんには色々とケアして頂きます。建物は定期的に検査してお施主様、工務店と共に不具合は無いか、ケアして行くといつまでも良い状態が維持出来ると思います。我々も材料の強度や、実際の使われ方、環境による建物への影響など、とても勉強になります。大変暑い中でしたが、みなさん大変お疲れさまでした。
[PR]
by kakuo075 | 2011-06-30 17:08 | 仕事

「都市の森」朝日ウッドテック本社ショールームのカタチ。

設計デザインさせて頂きました、大阪の本町にありますフローリング材のトップメーカー、朝日ウッドテック本社ショールームです。
e0015035_22515166.jpg


正面ファサードの夜景です。昼間とはガラッと変わり、木とアルミのハイブリッドな雰囲気が大阪のビジネス街に輝き出します。
e0015035_22522320.jpg


アールのついたアルミの特殊パンチングメタルパネルは、布の帯を編み込んだ様な凹凸加工を施した、柔らかい雰囲気のアルミパネルです。
e0015035_2253778.jpg


夜は美しいフローリングの展示が際立ちます。
e0015035_22534655.jpg


本社のエントランスも少し改装しました。大きな段差のあるホールでしたが、バリアフリーにして様々な方に訪れて頂ける様に配慮しました。
e0015035_22542186.jpg


ショールーム閉店後もLED照明のほのかな明かりで、ショーウインドウ越しに眺められる様に配慮しています。
e0015035_2254547.jpg


新しく作り替えたWOODTEC STATIONのロゴマーク。ステンレスを加工し、LEDで発光します。
e0015035_22552466.jpg


1階のショールームは「都市の森」がコンセプト。ランダムに配置されたビルの柱を樹に見たて、杉、桧の特殊加工したパネルを使って空間のイメージを造りました。ちょっと他には無いフローリングのショールーム。是非ご来場くださいね。また、企業ショールームの設計を何件かさせて頂いておりますが、現在の社会ニーズ、商品の意図を読んで、最大限そのモノの良さや価値観、こだわりを顧客に伝える、また、企業の将来につなげる大変重要な仕事です。それだけにとてもやりがいのある仕事であり、これからも全力で皆様のお役に立てるよう、取り組んで参りたいと思っています。

朝日ウッドテックHP:http://www.woodtec.co.jp/
e0015035_22562415.jpg

[PR]
by kakuo075 | 2011-06-28 22:57 | 仕事

雨上がりの金閣寺です。美しい、感動!!

雨上がりの金閣寺です。急にキラキラッと輝きだしました。美しい、感動!!
e0015035_20154636.jpg



細部の雨樋までもが、金です(笑)。ちなみに、、、CGじゃないですよ(笑)。
e0015035_20162248.jpg



しばらく見とれてしまいましたが、久々に訪れると、映画を1本見終わった様な感動があります。しかし、このような(ど派手?)建物はもう造れ無いのが残念。京都市内には厳しい厳しい景観条例がありますからね。金閣寺の様に完全に森で囲って、デザイン的かつ、芸術的意味に優れた建物と評価出来るものに関しては許可するなど、行政はセンスのある適正な判断をしていかないと今後、歴史や文化に変化は起こらない。現状維持もしくは衰退してしまう。それが残念。守るだけではなく、適切な攻めも必要に思いますね。
e0015035_2017496.jpg

[PR]
by kakuo075 | 2011-06-25 20:23 | お気に入り

おすすめ京都の和スイーツ!!

こちら、お客様に頂いた「麩嘉饅頭(ふうかまんじゅう)」です。麩まんじゅうといえば、、、これですよね(笑)。久しぶりに美味しく頂いてしまいましたが、風味豊かな青海苔を生麩に織り込んでいて、中に甘みを抑えたこしあんが入っています。京都産の笹の香りと上品な餡、つるつるっと良い感じです。

麩嘉さんの紹介ページ:Degi Style 京都
e0015035_314194.jpg

[PR]
by kakuo075 | 2011-06-12 03:03 | お気に入り

最先端の3D設計、BIMの活用事例として大阪で講演してきました。

皆さん「BIM」という言葉をご存知でしょうか?今、建築設計の分野ではかなりホットな話題になっています。BIM(ビルディングインフォメーションモデル)は、3次元のバーチャルビルディングモデルを用い、建物の設計や建設の生産性を向上させる手法を言います。当事務所が使っているのは、グラフィソフト社の「Archi CAD」と、レンダリングソフト「Artlantis」。これらを活用した建築設計手法について、大阪のハービスホールで講演してきました。ご一緒させて頂いたのは大林組の大阪本店生産設計部の飯田さんと、日建設計設計部の奥山さん。どちらもBIMのスペシャリスト。とても勉強になりました。講演の帰りに新しい大阪駅の大屋根の下で(駅開発の大林組を実感しながら(笑))スタッフ達とカフェタイムをして帰ったのですが、彼らと話をしながら、自分達の仕事や作業を振り返って改めて思いました。僕らは、ドライな3D-CAD環境に、ウエットな「思い」を込める作業をしていたんだなということ。建築の設計環境はデジタル化され、どんどん進化していますが、その分、デザイン作業や思考過程はよりアナログ的でありたいと思っています。創造力を使い、常に紙の上で「頭と手で考える」ことが、人が住んで「心地いい空間」を作る「コツ」であると実感しています。
e0015035_23132766.jpg

後半のパネルディスカッション。壇上左から、グラフィソフトの志茂さん、大林組の飯田さん、日建設計の奥山さん、そして私。
e0015035_23135926.jpg

[PR]
by kakuo075 | 2011-06-01 23:18 | 仕事