日々の仕事や京都での暮らし。考えた事、感じた事、伝えたい事を綴っていきます。
by kakuo075
HP and Staff's Blog
ホームページでは竣工した作品や事例を紹介しています。ぜひご覧ください。
建築家/京都 ”カクオ・アーキテクト・オフィス”
スタッフ達のブログです。
建築設計の現場から...。スタッフたちの日々。
以前の記事
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
more...
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

祇園レストラン前川の空間デザイン(1)

京都・祇園の人気店、Restaurant MAEKAWA。お箸で食べる京フレンチスタイルのお店です。以前デザインさせて頂いた1階店舗の地下に増設。今度は、ちょっと雰囲気とグレード感を上げて「フレンチ」らしい、スタイリッシュなデザインをご提案しました。特徴的なのは天井と床のアール。天井の白黒ストライプのデザインは、フランスを代表する芸術家ダニエル・ビュレン氏の現代アートをイメージ。「和とフレンチの融合」を試みました。
e0015035_1425487.jpg

[PR]
by kakuo075 | 2010-07-27 01:43 | 仕事

祇園レストラン前川の空間デザイン(2)

店舗奥の個室までの通路床は、和柄のタイルカーペットを使って間接照明でそのパターンの面白さを表現しました。この部分は「和」の表現。天井のスタイリッシュな「仏」の表現と空間的に50:50で混在させ、ずっと奥まで連続させるという試み。京フレンチスタイルならではの、新しい食の空間です。是非、皆さんご利用くださいね。ワインも焼き菓子も美味しい。

Restaurant MAEKAWA
東山区祇園縄手新橋西側 SPACEしんばし 1F奥
TEL&予約:075-525-2217

e0015035_1185777.jpg

[PR]
by kakuo075 | 2010-07-27 01:26 | 仕事

エントランスのデザインは企業の顔である(1)

京都の湯の花温泉/松園荘_保津川亭の新しいエントランスです。伝統に基づいたモダンな和をテーマに、現代の実用に合わせたスタイルにデザインしました。照明はLEDを積極的に使いましたが、まだまだ器具自体のあかりでは、雰囲気や風情みたいなものを表現するのは難しい感じがします。今回、色々な工夫と実験をして、なかなか良い雰囲気になりました。山間部では、LEDを使うと虫が極端に寄ってこなくて良いですよ。
e0015035_22315651.jpg

[PR]
by kakuo075 | 2010-07-25 22:34 | 仕事

エントランスのデザインは企業の顔である(2)

約20数年前に建設された建物ですが、正直、外観と内部・用途のイメージがあっていない感じがしたので、外観のイメージを継承しつつも(取って付けた様にならないように)、内部の大きなエントランスホールの和のイメージを融合させたデザインを考えました。構造はコンクリートで逆四角錐の躯体に、京都でも有名な左官職人さん達にお願いし、コテで丁寧にリブを付けてもらいました。
e0015035_2214378.jpg

[PR]
by kakuo075 | 2010-07-25 22:15 | 仕事

エントランスのデザインは企業の顔である(3)

エントランスホールは、右がガラスの風除室、左が池のある小庭。人間は厚みを無意識に感じる能力があります。ですから、床は迷わず天然石で10センチ以上の厚みのある大判のものを敷き詰めました。お客様は送迎バスから降り立った時の足下の感覚でこの旅館のグレードを感じる事になります。狙い通り、凛とした空気感がでましたね
e0015035_2215752.jpg

[PR]
by kakuo075 | 2010-07-25 22:02 | 仕事

エントランスのデザインは企業の顔である(4)

松園荘_保津川亭。保津川をイメージしたエントランスの池。静かな水のせせらぎと、美しいいろは紅葉の庭。時間や季節に寄って様々な表情を見せるデザインは、お客様へのさりげない贅沢なおもてなし。現代における、モダンで品格のある企業(旅館)イメージを提案し実現しました。
e0015035_21491327.jpg

[PR]
by kakuo075 | 2010-07-25 21:52 | 仕事

こんな不思議なギャラリーご存知ですか?

京都市左京区にあります「アートゾーン神楽岡」です。京大の吉田山裏手にある神楽岡通りに面して建っています。住宅地にあるので一見気づかないかもしれませんが、さりげなくモダンな外観で、中に入ると3層吹き抜けでガラスの収蔵庫が宙に浮いている「箱の中に箱がある」という何とも不思議な空間になっています(当事務所設計)。通常は版画を中心とした展示(約2200点所蔵)をされていますが、現在は7月25日(日)まで「AFTER ART OSAKA」展、11:00~19:00をされています。アーティスト:山下清澄、綿引明浩、石井康博、二階武宏、舟田潤子 というかなりユニークなメンバー。是非、気さくなオーナご夫婦と楽しくアートのお話をされて見て下さい。きっと時を忘れて楽しめると思いますよ。

ホームページ:http://www.artzone-kaguraoka.com/index.htm
ブ  ロ   グ:http://artzone.blog80.fc2.com/

写真は、以前開催したコスチュームアーティスト「ひびのこづえ展」です。
e0015035_223545.jpg

[PR]
by kakuo075 | 2010-07-24 02:30 | お気に入り

最近の賃貸マンションのデザイン(1)

最近の賃貸マンションは、新規入居者獲得の為、そして獲得した入居者が出て行かない工夫や、気に入って愛着を持って住み続けて頂く為の環境整備など、様々なサービスのアイデアと分譲マンションクラスのデザインを必要としているようです。我々が設計させて頂いた、京都のJR新桂駅近くに完成したマンションは、おかげさまで建設中から全室賃貸契約が終了しました。家賃も相場プラスアルファの範囲で、大きく収益がある訳ではありませんが、質の高い入居者に長期的に継続してご居住頂く事を前提に計画されています。ちょっとこの地域には無い、ワンランク上の雰囲気の建物になりました。
e0015035_145976.jpg

[PR]
by kakuo075 | 2010-07-23 01:12 | 仕事

最近の賃貸マンションのデザイン(2)

シャープな印象のバルコニーデザイン。コーナーや境界の界壁部分のパネルはステンレスのパネルを京唐紙の様な植物の柄をパンチングして装飾しています。さりげない個性とエレガントさを表現しました。
e0015035_048918.jpg

[PR]
by kakuo075 | 2010-07-23 00:49 | 仕事

最近の賃貸マンションのデザイン(3)

完成したエントランスホールです。これからの賃貸物件は、今までの様にとにかくローコストで、効率良く箱を積み重ね、タイルの外観をつくるだけでは入居者は見込めないのではないでしょうか。ましてや10年後の運営状況がとても心配です。新築の時は何とかなるかもしれませんが....。最近はそうでもないみたいです。この物件は不動産会社の企画の方と相談しながら、ずっと入居者に気に入って愛着を持ってもらえるように、そして憧れを持ってもらえる様な魅力をつくるプロジェクトになりました。
e0015035_0381493.jpg

[PR]
by kakuo075 | 2010-07-23 00:41 | 仕事