日々の仕事や京都での暮らし。考えた事、感じた事、伝えたい事を綴っていきます。
by kakuo075
HP and Staff's Blog
ホームページでは竣工した作品や事例を紹介しています。ぜひご覧ください。
建築家/京都 ”カクオ・アーキテクト・オフィス”
スタッフ達のブログです。
建築設計の現場から...。スタッフたちの日々。
以前の記事
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
more...
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

神戸市「岡本の家」ビフォー!!

ブログでは初めての企画ですが、いわゆる「ビフォーアフター!!」をやってみましょう(笑)。

先月竣工した、神戸市岡本の少し高台にある、築30数年のRCマンションのリフォームです。さすが神戸という美しい眺望と、気持ちの良い風が家の中を通り抜ける事がとても魅力的でした。

計画は全面改装で、解体後、躯体などが表しになるので、このタイミングで補修も実行。最初に訪れた時の印象は、間取りがあまり暮らしの事を考慮されておらず、建物全体がV型形状な為、その都合に合わせたプランのように感じました。
特に、玄関から入ってすぐメインダイニングというしつらえは暮らしにくく、リビングはどこに計画されていたんだろうと思う程、中途半端な空間が沢山ありましたね。北面の和室は結露とカビだらけで少し気持ちの悪い部屋でした。

トイレ、ユニットバスも安い適当なもので改装してあったので、何とも.....。
天井も低く、梁を濃い色の木でカバーしてあるので重苦しい印象です。

ただ、玄関や水回りの家相が良く、南面に大きな窓が沢山あるので、うまく計画すれば風通しの良い、健康的でゆとりのある家になるという確信がありました。
e0015035_354971.jpg

[PR]
by kakuo075 | 2009-02-24 04:10 | 仕事

神戸市「岡本の家」アフター!!

我々がデザインするとこうです!!

デザインのポイントを少し紹介すると.....、

・「眺望」を最大限活かす為に、TVのパラボラや空調室外機などは隠す。
・以前購入された、家具の「木とガラスの質感」を活かし色合いを統一。
・木の材質、塗装、光沢をコンセプトに合わせて調整。
・光が家の奥まで感じられる様に、素材を調整し反射光を活かす。
・壁面の仕上げと、建具枠の仕上げは、色、光沢共に完璧に揃える。
・従来型の蛍光灯は止め、演色性の高い暖かみのある電球を使う。
・電気は全て調光タイプにし、心理的にリラックスした雰囲気にする。
・空間のポイントとして、メインの照明器具にこだわる。
・カーペットは織りが密で触感の良いものを選ぶ。糸の光沢感。
・下地のフェルトを厚くし、歩き心地を良くする。
・建具の周りの納まりを美しくすっきりさせる。
・天井が低いので、梁が目立たないように意識しデザインする。
・すっきりさせる為に、建築にあまり色は使わない。
・.............

まだまだありますが、空間を美しくデザインする為にはざっと上記の内容ぐらいは瞬時に考えます。このダイニングルームのデザインを決めるだけで、これだけの検討と判断、決定を繰り返すので、おそらく建物全体となると何千、何万という項目を決める事になります。最近特に思うのは、我々の仕事は多くの条件や制限を整理し、将来ビジョンを設定して、優先順位を決め実行する事だと考えています。また、そこには部分と全体の在り方を意識した総合判断を必要とします。

オーナーの皆様、良い建物を造る為には、デザイナー選びがとても大切です。知り合いだからとか、有名だからということでは無く、ご自身と感性が合うかどうか。そしてセンスを信じてより多くの事を任せられるかどうか、信頼関係が重要だと思います。感性の豊かな、志の高いデザイナーは必ずその思いに答えられると思いますよ。
e0015035_257386.jpg

[PR]
by kakuo075 | 2009-02-24 03:16 | 仕事