日々の仕事や京都での暮らし。考えた事、感じた事、伝えたい事を綴っていきます。
by kakuo075
HP and Staff's Blog
ホームページでは竣工した作品や事例を紹介しています。ぜひご覧ください。
建築家/京都 ”カクオ・アーキテクト・オフィス”
スタッフ達のブログです。
建築設計の現場から...。スタッフたちの日々。
以前の記事
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 11月
more...
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:暮らし( 99 )

祇園祭宵宵山...。一瞬晴れました。/南観音山

関東方面の方からはよく、祇園祭が終わりましたねぇと言われますが、祇園祭は7月1日〜31日までのお祭りなんですよ。なので今は7月16日の山鉾巡行が終わった?なんです。17日(前祭)と24日(後祭)を中心に祇園の八坂神社では毎日祭事がある様です。写真は、宵宵山の一瞬晴れた時に見に行った南観音山で、デザイン的にも本当に美しいバランスの取れた山鉾です。「ヨ〜イヨ〜イ、エ〜ンヤ〜ラ〜ヤ〜〜」のかけ声とともに動く、正に芸術品。
e0015035_065599.jpg

[PR]
by kakuo075 | 2007-07-23 00:08 | 暮らし

我が家の「屋上楽園」パート1

写真は、先日名古屋のコンランショップで、我が家の屋上風呂に購入したスタイリッシュなロウソクランプです。とても気に入っています。浴室の調光照明を落とし、ゆっくりと灯りを眺めながら入浴する。何とも気が休まります。ゆらぎの効果でしょうか。毎日の忙しい生活の中で、こういった特別な時間と空間を楽しむ余裕が日本人には欠けてますね。特に関西人!!。とても贅沢な気分を味わえ、気持ちに余裕が生まれますよきっと。おすすめです。
e0015035_3284818.jpg

[PR]
by kakuo075 | 2007-07-02 03:30 | 暮らし

今日はバレンタインデー!!

今日は、早朝より夕方まで国土交通大臣・京都府知事 指定講習会(京都会館会議場)に参加しておりました。京都中の設計士が集まってカンズメ状態です。内容は、最近の法改正についてから始まり、住宅の品質確保促進法に関する法律、建築士の処分基準、契約約款と紛争処理、アスベスト対策と処理問題、耐震・免震・制振構造、耐震診断と耐震補強、木造建築の改修等々.....。我々は、日々の業務の合間を縫って最新の知識を身につけておかなければなりません。特に阪神淡路大震災から姉歯事件、東横イン事件、アスベスト問題など、とても深刻な問題が山積みです。発注者や社会に対して、常に資質の向上に努めていかなければならないと、改めて実感した一日でした。

夕方、事務所に戻ったら今日はチョコレートデー。仕事で親しくさせて頂いている方々、嫁、スタッフ達からもらったチョコを永遠に?食べ続けております。(今も.....。お返しの事はとりあえず考えないようにしながら(笑))

そして、今日は竣工した施主様(奥様)からお手紙を頂きました。とても気に入って住まわれているとの事、大変うれしいお便りでした。これは我々にとっては何よりのバレンタインデープレゼントです。有り難うございます。今日は甘くて(チョコ)、苦い(講習会)一日でした。
[PR]
by kakuo075 | 2006-02-15 01:36 | 暮らし

東本願寺「御影堂」御修復現場見学(2)

写真は、同じく上層屋根の角、獅子口からの見上げです。独特の美しい曲線に惚れ惚れします。残念ながら今はもうこういった「そり」や「むくり」を的確に指示できる大工がいません。伝統的な技術は需要がなければ継承されず失われて行きます。せめて我々はこういった貴重な機会に「物造り」としての精神、こだわりや思いを肌で感じ吸収し、日々の仕事を通して表現する事が役目だと考えます。良い建築とは何か?そしてそれは身近に沢山あることを改めて考えさせられる1日でした。
e0015035_1222344.jpg

[PR]
by kakuo075 | 2005-11-20 01:23 | 暮らし

東本願寺「御影堂」御修復現場見学(1)

世界最大級の木造建築、親鸞聖人の木像(御真影)が安置されています東本願寺「御影堂」の御修復現場見学に参加して参りました。前回の立て直しは、1880年(明治13年)から1895年(明治28年)までの15年間に行われましたので、今回は110年ぶりということになります。写真は上層屋根の母屋の部分になりますが、よりすぐられた材料を使い、大工が心を込めて刃物を研ぎ加工した「仕口」や「継手」は今も健在で、とても迫力がありました。確かな技術とアイデア、工夫の集積によって出来上がった建築は本当に美しいです。
e0015035_0531221.jpg

[PR]
by kakuo075 | 2005-11-20 00:54 | 暮らし

久しぶりに休暇です。

毎年の事ですが(生まれてからずっと)お盆は両親の実家である福井県に、ご先祖のお墓参りに出かけます。ついでと言ったら何なんですが2日間は三国温泉に泊まり、夕日を眺めながら海際の露天風呂に入って、新鮮な魚介類をふんだんに使った荒磯料理を楽しんでいます。日頃の疲れを癒すには磯の香りと美味しい料理が一番。写真は東尋坊タワーからの眺めです。海に見える島は雄島、手前は遊覧船乗り場へ続く市場です。ここで、とれたてのウニ、イクラ、カニ、イカ、サザエ、トウモロコシ他、かき氷と抹茶のソフトクリームを食べました。最高でした。またお腹が出てしまいましたが仕方が無いです、これは(笑)。17日より平常営業です。現場もプレゼンも多々重なっておりますが気分転換出来ましたので、今年も後半全力で頑張ります。
e0015035_1494930.jpg

[PR]
by kakuo075 | 2005-08-18 01:55 | 暮らし

「壮大なスケールの宇宙」と、「ほのぼのとした小さな宇宙」の話。

今日は、先週末の住宅のプレゼンが終わり一息。自分の中のスターウォーズストーリーに決着をつけるため二条駅前の新しいシネコンに家内と息子(4歳)と行って参りました。最終章だけあってドンパチが激しかったのですが、今までのストーリーでいつもはっきりしなかった部分が見事に解明されました。実際20年もの間よく黙っていたなと(笑)。最終章にして物語の根源に繋ぐ手法はさすがジョージ・ルーカス。してやられたという感じです。プレゼンの参考になります。映像の作り込みや細かい描写、どれをとっても無駄が無く、ハイクオリティです。DVDが発売されたら何度も見て表現を読み解きたいと思います。また、帰ってから驚いたのですが、うちの息子が今日見たストーリーを布団の中で話してくれました。(結構細かい。)ついでにスターウォーズのオープニングの音楽を鼻歌で歌っていました(笑)。何か子供ってすごいなぁと感心させられました。ちゃんと自分なりに理解しようとしているんですね。私は映画を見て、人間の心の迷い、本当に守らなければならない事、信念、決断、勇気。いずれも大切である事を教えたかったのですが....。私の説明は真剣に聞いていましたが、そこまではわかるはずは無いですよねぇ(笑)。

写真は、上映を待っている間にお茶しました二条駅近くの「喫茶 雨林舎」の水庭です。ご姉弟でカフェをされています。お姉さんがうちの息子を中庭のウッドデッキに誘って下さり、大きくて沢山の「メダカ達」を紹介してくれました。(写真上から1/4あたりに数匹見えます。)ついでに「アメンボ」が泳いでいる姿を見つけ、街中では最近ほとんど見かけない風景にほのぼのとさせて頂きました。こちらは協賛させて頂いている「洛中洛外 風散歩 町家ショップらりぃ」の登録店なので帰りにシールを頂きました。ラフでシンプルな小さなお店ですが、雰囲気も空間のデザインも良く出来ています。デザイナーとオーナーのコンセプトがはっきりしているのでとても居心地が良かったです。また寄ります。http://www.geocities.jp/urinsya/

e0015035_1533482.jpg

[PR]
by kakuo075 | 2005-07-25 02:04 | 暮らし

昨日は「アウトゾーンの会...番外編」でした。

今日と言いますか、昨日になりますが2〜3ヶ月に一度「アウトゾーンの会」というものをやっています。きっかけは我々が設計させて頂きました「アートゾーン神楽岡」というギャラリー兼住宅の竣工をきっかけに、ギャラリーに来られて親しくなったお馴染みの方々、画家、美術家、染織家、写真家、音楽家、デザイナー、家具屋、銘木屋、雑貨屋、税理士.....等々。それから、建設して頂いた野口建設の方々と我々事務所スタッフ。そしてオーナーご家族と共に、皆それぞれ飲み物と食べ物を持参してワイワイガヤガヤ、楽しい時間を過ごしています。皆さん個性派揃いで、気心の知れたとても素敵な方々です。いつもは、アートゾーン神楽岡でするのですが今宵七夕は、番外編として写真家のY様邸にて12時過ぎまで(うちの4歳の息子も)盛り上がっておりました(笑)。Y様のお宅は、スタジオ兼ご自宅なのですが、ご自宅のあらゆる箇所が撮影に使えるようになっており、とてもユニークなつくりです。それぞれのお部屋が、ご家族それぞれのお考えが反映されており、とても居心地の良い空間になっています。一番テンションが上がるのは何と言いましても、真っ赤なフェラーリ2台とベンツ、リモータがガレージに収納されている様子、ライカ等の名機カメラコレクション。男としてたまらない夢がありますね。とても素敵なお暮らしでた。
[PR]
by kakuo075 | 2005-07-08 02:56 | 暮らし

こどもの絵本。ル・コルビュジェ/建築家の仕事

これが記念すべきブログ最初の投稿になります。皆さん宜しくお願い致します。
昨日、日頃から家族ぐるみで親しくして頂いている町家専門の不動産屋さんからうちの子供に絵本を頂きました。家に帰って驚いたのですが、巨匠ル・コルビュジェの絵本があるんですね。この本には建築家の仕事についてこうかいてあります。「建築家は どんな家をつくるかいろいろ考えて せっけいします。 作曲家ににています。 建築家は その家ができあがるまで 工事のかんとくをします オーケストラの指揮者ににています。」私達は、お客様のご要望を伺い、将来を見据えて的確な器を考え設計します。機能性はもちろん、コストコントロール、アイデアやセンスが問われます。そして建設会社と共に沢山の職人さんに力を発揮してもらい完成に向かいます。本当に責任の重い仕事ですがとてもやりがいのある仕事です。ル・コルビュジェのように常識を疑い、快適に暮らせるアイデアをいつも考えていきたいと思います。ところで、この仕事、4歳の息子にどう伝えるか?夜は遅くて朝はゆっくり、うちは職住一致の町家暮らしなので2階から1階まで通勤10秒。お腹は出てくるは、美味しい物には目はないは......。きっと父親の仕事について誤解していることでしょう。彼の言動を見ているとそう思います。.....間違いない。

e0015035_292913.jpg
[PR]
by kakuo075 | 2005-06-30 02:12 | 暮らし